カーテン

エネルギーの供給と消費量

水とサプリ

エネルギーを作るため

酵素には、リパーゼやアミラーゼなど複数の種類のものがありますが、いずれも食べ物を分解するという働きをしています。具体的にはリパーゼは、肉類などに含まれている脂肪分を、脂肪酸に分解します。アミラーゼは、パンや白米などに含まれている炭水化物を、糖質に分解します。脂肪酸も糖質も、体にエネルギーとして使われるので、酵素は食べ物からエネルギーを作り出すためには必要不可欠な存在と言えます。現在の日本では、食生活が非常に豊かになっていますし、その分人々は、脂肪分も炭水化物も多く摂取しています。そのためそれらをエネルギーにする酵素の必要性は、一層高くなってきています。むしろ酵素不足になっている人も増えてきているため、サプリメントで補う人も多くなると予想されています。

ダイエットのためにも

酵素不足になると、食べ物の分解がおこなわれにくくなり、体は十分なエネルギーを得ることができなくなります。すると体は、少ないエネルギーを節約しながら使うようになります。つまり、エネルギーがあまり使われないような状態になっていくわけです。使われなかったエネルギーは、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられていくので、エネルギーの消費量が少なくなればなるほど、体は太っていくことになります。しかしサプリメントで酵素を補っておけば、エネルギーの供給がしっかりとおこなわれる分、エネルギー消費量も増えていきます。それにより体は、太りにくい状態になっていくのです。つまり酵素のサプリメントは、肥満を防ぐためにも役立つということです。そのため多くの人が、ダイエット目的で酵素のサプリメントを飲んでいます。

Copyright© 2015 健康食品で健康な毎日|関節痛など様々な疾病に効果的なサプリメントAll Rights Reserved.